メインイメージ画像

割礼で清浄化!

割礼(包茎手術)に関しての歴史上の記述はエジプトの神話の中に登場します。太陽神であるラーが自身のペニスを切断して、出ました血から神々が生まれましたので、ラーの神への信仰により割礼が行われていたとされています。聞いた話によると、話しの中には自分のペニスを神へささげたという説があるのです。そして、これまでのエジプトのミイラ研究で分かったことで、男性のミイラのほとんどが割礼を受けていたと考えられています。他の国々ですと、成人への儀式として行われてたのですが、エジプトですと神聖な場所へと勤務するための、清浄さを求めていたと考えられています。

割礼(包茎手術)を受けた時期としましては10歳くらいの年齢とのことです。こういったように、包茎手術にまつわる歴史の古さがうかがい知れます。

包茎の手術のリスクはどんなものがあるのでしょうか。まずは、手術の際に傷跡の話を必ず聞いてください。メスによる手術なら、3mm〜4mmの傷跡が残ってしまうもので、レーザーによる手術でしたら、1mm程度です。

そして亀頭、下の部分へ上手に収まるような手術でしたら、傷跡もほとんど見えなくなります。その後の通院についてなのですが、今、ほとんどは通院を必要なくなったのです。自分だけで術後の処理をするということはとても神経を使います。クリニックを決めるとき、通院があることで治療期間が短く済むのかどうかを確認するようにお願いします。また術後、消毒をする為に、包帯を外さなくてはならず、術後の3日間くらいの消毒の時は神経を使うもので、痛みがあります。

更新情報